​プロジェクトリスク管理

​なぜリスクマネジメントに投資するのか

プロジェクトを成功させるためには、明確なビジョンを持ち、周到な計画を練り、プロジェクトを丁寧に実行することが欠かせません。リスク管理を行うと、どんなタイプのプロジェクトについても成功率を大幅に高め、事業のROI(投資利益率)を伸ばすことができます。

IT関連のプロジェクトはとりわけ負のリスク事象の影響を受けやすい傾向にあります。今日の事業経営においてITは中核的な″神経システム″であるため、ごく小さなパフォーマンスの問題が企業に深刻なダメージを与えかねません。

​​「他の人の経験から学ぶ能力を持っているという点でかなり独特な人間は、明らかに嫌々ながらそうしているという点でも際立っている。」

​​ダグラス・アダムス

当社のサービスでは、プロジェクトのライフサイクルにわたってプロジェクトガバナンスとリスク管理を提供します。

​クライアントを支援するために

​プロジェクトリスクの分類

​​​プロジェクトはどれも異なります。またどのプロジェクトにもそれぞれに異なるプロジェクトのリスクプロファイルがあるでしょう。​とてもリスクが高いものもあれば、それほどではない場合もあります。そのため、プロジェクトの総合的な危険度によって、リスクマネジメントの厳格さの適切な度合を適用することが理にかないます。

​リスク管理のプランニング

​あるプロジェクトにリスクマネジメントの適切な度合を定義したら、ツールやプロセスをその評価に整合させるべきです。誤ったツールセットを使用すると、不要な諸経費がかかったり、プロジェクト進行中のリスクの記録や監視が行いづらくなります。

​リスクの特定

​プロジェクトマネジャーとPMTは、プロジェクトに潜在するリスクが特定されたら何を見るべきか知っておく必要があります。技術、リソース計画、スケジュール、WBSは最初に確認すべきところです。しかし、気付いておく必要のある他のリスクの原因があります。

​リスクの査定とアクションのプランニング

定性的/定量的なリスク評価には、対処すべきリスク、またそこに行うべき処置を判断する役割があります。しかし、使用する評価と、それを使用する理由を把握することがもっと重要です。

​リスクのモニタリング

と管理

​リスクマネジメントは継続的なプロセスです。プロジェクトが終了するまで休むことなく続きます。PMTは、リスクのあるイベントに対しコントロールが効かなくなる前に迅速に対応できるように、前もって通知してくれるインジケーターを監視する必要があります。

​プロジェクト実施前と実施後の見直し・ふり返り

​完了したプロジェクトから得た学びを用いて、後で使用するデータをアーカイブすることは、リスクをコントロールするための鍵です。リスクデータの履歴は、将来的なリスク特定のための最良のインプットのひとつです。

プロジェクトリスク管理

ワークショップ

プロジェクトの多くが当初の目的を果たせずに終わる原因は、「前もってリスクに対応し、その対応を継続させる」ということができていないからです。


プロジェクトリスク管理とは、プロジェクトに関するリスクを管理するための適切なプランを作成し、リスクの特定と分析を行い、リスクに対する適切な対応方法を練り、リスクトリガーをモニタリングするプロセスのことです。


プロジェクトの多くが当初の目的を果たせずに終わる原因は、「前もってリスクに対応し、その対応を継続させる」ということができていないからです。各種のプロジェクトに投じられる資金を考えると、リスク管理を無視することはビジネス上の損失に直結します。

当社のサービスが特別な点

  • IT、テレコム、建設、製薬、オンライン小売業、自動車など、さまざまな業界に及ぶ経験。
  • セキュリティ、プライバシー、ビジネスの継続性などにインサイトを提供する付加価値を提供する能力。
  • 大規模で複雑な分散型プロジェクトの実装管理の経験。
  • 定評のあるトレーニングとメンタリングプログラム: 組織内の専門技術を伸ばし、さらにオンサイトのリスクマネジメントサービスを提供。
  • ​プロジェクトコンサルティングチームにお問い合わせください