グローバルプロジェクトリーダーシップ・アセスメント

​プロジェクトマネジメントとは単に仕事を計画したりスケジュールを管理したりすることではありません。

それは、プロジェクトチームをやる気にさせ、人間関係を構築し、多様性と文化的相違点に対処し、プロジェクトの開始から完了までパフォーマンスを持続できる、まさにプロジェクトリーダーの能力に関わることです。


gpleadershipグローバルプロジェクトリーダーシップ・アセスメントは、5つの主要なスキル分野における行動を評価することにより、必要な対人スキルが何かを洗い出す革新的な学習ツールです。企業がそれ自体または顧客のために結果を出すのにプロジェクトマネジメントを利用する場合、この学習・人材育成ツールが最適です。

学習成果

  • プロジェクトリーダーシップの長所と改善すべき分野を特定します。
  • 効果的なプロジェクトリーダーシップに必要な対人関係スキルについて理解します。
  • チームメンバーがプロジェクトの仕事を遂行できるようにするためにはどうすればよいかを学習します。
  • リーダーシップスキルをプロジェクトの各フェーズに適用します。
  • プロジェクトをリードするためのアクションステップを構築します。

理論

プロジェクトマネジメントは組織の存続を支える柱になりつつあります。そして、プロジェクトマネジメントの進化とともに、プロジェクトリーダーの役割も進化しています。プロジェクトマネジメントに関する文献や研究によって、プロジェクトマネジャーやリーダーに必要な多数のスキルが明らかにされてきました。それには技術的なスキル(計画立案や組織化、スケジューリングなど)と対人スキルがありますが、GPLAではプロジェクトリーダーシップのための以下5つの対人スキルに焦点を当てています。

  • オープンなコミュニケーションを促進する。
  • ポジティブな見通しを引き出す。
  • 効果的に影響を与える。
  • 対立や衝突に適切に対処する。
  • チームを育成する。

成功するグローバルプロジェクトリーダーは、技術的スキルと対人スキルの両方を使いながら、チームを上手に導いていきます。いずれのスキルセットも、プロジェクトのライフサイクル(立ち上げ、計画立案、作業管理、成果物の引き渡し)を通じて使われるものです。

手順

  1. アンケート:参加者は、実際に進行中のプロジェクトを参考にしてアンケートに率直に回答します。このアンケートは、参加者の態度やモチベーション、性格、プロジェクトマネジメントに関する知識を、成功するグローバルプロジェクトリーダーの要件に照らして測定します。アンケートに回答した参加者は、自身のグローバルプロジェクトリーダーシップ・スキルに関するフィードバックを受けます。
  2. プロジェクトのシナリオ:やりがいのあるグローバルプロジェクトマネジメントのシナリオ一式が提示されます。参加者は、多文化なチームとともに、問題を解決し、トラブルが発生したプロジェクトを正常な状態に回復するべくチームを率いるよう求められます。資格を持った評価者がその様子を観察し、プレッシャーの下で参加者のスキルがどう発揮されたかについて、口頭および文書でアセスメントが行われます。これを繰り返すことによって、プロジェクトリーダーの能力がより正確に描き出されます。プロジェクトのシナリオもまた、後で振り返りができるようにビデオ録画されます。
  3. アクションラーニング:最後に、参加者はプロジェクトのビデオ録画とアンケート結果を用いて、自身のパフォーマンスについて内省します。そして、自分の長所を伸ばし不十分なスキルを向上させる、更なる能力開発のためのアクションプランを作成します。その後、参加者には同じシナリオをもう一度繰り返してもらい、パフォーマンスがどれだけ改善されたかを測定します。また、現場のプロジェクトマネジメントコンサルタントまたは評価者によるコーチングも提供されます。

​Connect with our ​Talent Management Team

This post is also available in: 英語