​ビジネス変革

組織の変革

​過去には、巨大で機械的な組織がたびたび競争相手を打ち負かしていました。現在、もっと有機的な構成の、敏捷性のある組織がこういった競走で勝ち抜いています。

​画期的な技術、移り気な顧客の選好、また変わりゆく従業員の期待により、多くの業界で既に確立された働き方に課題が課せられています。今こそ、堅苦しい階層やサイロ化した事業単位、自由の利かない官僚主義、また押し固めのマトリックス型を放棄する時です。

​昨今作られているアジャイルな組織は、階級の能率にスピード、柔軟性、レジリエンスを合わせて、今日のビジネス界で競走し、成功しています。

「過去から学び、今日のために生き、未来への希望を持て。重要なことは、疑問を持つことをやめないことだ。」

アルバート・アインシュタイン


アジャイルな組織、チーム、またチームメンバーとして、改良を続けるために何を改善すべきか常に問いかけることが不可欠です。

​クライアントを支援するために

組織設計

​しっかりと設計された組織は確実に、組織形態が目的と戦略に適合し、ビジネスの実情から提起される課題に対応でき、また人々が共同でなす努力が実を結ぶ機会を増やせるようにします。

組織文化 ​ ​

​組織内の人々の行動を左右する共通の憶測、価値観、信念の体系は、人々やグループが互いに、またクライアントに対し、あるいは利害関係者とどのように交流するかに影響を与えます

サポートスキル

VUCAという現実(変動性、不確実性、複雑性、曖昧性)がビジネス環境を整形し直しており、働き方を改革し、ビジネスを管理することが求められています。新しい標準の中で存続して成長するために求められる考え方や行動は、以前にはうまく機能していたこととは大きく異なります。

ビジネスプロセス

​ビジネスプロセスの絶対的なスピードにこだわる組織は多いです。しかし昨今、顧客の期待に応え、発展する技術を使いこなし、改革を推進することが成功への鍵です。競争力を高めたいという企業は、こういった現実に適応する必要があります。それには、スピードよりもビシネスプロセスのアジリティが求められます。

ツール

​インスタントメッセージングからビデオ会議ツールまで、チームのコラボレーションを促すオプションはたくさんあります。うまく機能するツールは、組織の成功への鍵になっています。しかし、労力が重なり、機能が重複し過ぎると、信号が通るべきところにノイズが入るなど、障害を引き起こす原因になりかねません。

​アジャイルコーチング

新しい考え方と働き方を育てるには、常に注意を要します。多くの組織がアジリティへの道のりでコーチングを利用する理由がここにあります。


​当社のトランスフォーメーションチームにご連絡ください