ビジネスアジリティ

アジャイルトランスフォーメーション

世界が急速に変化しているため、スピード、柔軟性、また即時対応能力や改革力といった顧客が求める要件に企業はもはや追いつけない事態が増えています。

アジャイルトランスフォーメーションに順調に乗り出している企業は、顧客満足度、顧客ロイヤリティ、従業員のモチベーションや満足度によって、またビジネス業績に実質的な貢献を成す財務上の基準に沿ってパフォーマンスを完全に変化させています。

アジャイルトランスフォーメーションで、組織はあらゆる業界で最前線に立つことができます。

「過去から学び、今日のために生き、未来への希望を持て。重要なことは、疑問を持つことをやめないことだ。」

​アルバート・アインシュタイン



アジャイルな組織、チーム、またチームメンバーとして、改良を続けるために何を改善すべきか常に問いかけることが不可欠です。

​​クライアントを支援するために

アジャイルに向けた準備

​アジャイルトランスフォーメーションは、急速な改革と新製品やサービスの展開を妨げる従属関係を完全に理解し、また慎重にそれを取り除いたり、元に戻したりすることができる企業に向いています。これをすべて、アジャイルプロセスをサポートして育成する確固たる組織構造を維持しながら行います。当社が学んで得たことから、プロジェクトやプロジェクトの種類の慎重な選択と、組織構造を熟知していることが、アジャイル変革を成功させるための重要項目であることがわかっています。

チェンジマネジメント

アジャイルの成功に肝心な要素のひとつは、トランスフォーメーションの終わりに現れる組織の新しい状態に関する明確なビジョン です。チェンジマネジメントには、組織幹部による慎重な計画と構想、また全従業員が目指している新しい組織の状態を理解できるようにしっかりと計画されたコミュニケーションが実行されることを要します。組織の真の状態を反映するKPIの開発がアジャイルの成功には不可欠です。

文化と考え方

ビジネスアジリティには、異なる物の見方が求められます。「職務内容」や既定された役割と責任という考え方を変える必要があります。サイロ型は信念に支えられて取り込まれた構造です。

インセンティブやディスインセンティブもアジリティに対応する役割がありますが、ミスを罰するリスク回避型の文化はアジャイルになることは決してありません。しかし、実験を奨励し、支援する文化は、アジャイルにも革新的にも成り得ます。

支持構造​

アジャイルな組織は、アジャイルな構造、あるいはアジャイル化の失敗の原因となるボトルネックに成り得るレガシー構造のいずれかにサポートされています。アジャイル化を追求しようとする組織は必ず、情報のスムースな流れをサポート(あるいは抑制)し、迅速な意思決定を促し、チームに力を与える構造を厳密に検討する必要があります。革新性を高め、スマートなリスクを取る必要性について述べる企業は数多く、革新的でアジャイルな行動を妨げる厳重なコントロールを維持しています。

人材マネジメント

成功するアジャイル組織は、人材の能力を最も効果的に発揮されるよう、適材適所の配置を信頼しています。よくまとまったチームは新しいアジャイル構造へ移行することができ、またアジャイルによりもたらされる新しい機会を最大限に活用します。当社が学んで得たことから、学習スタイル、性格タイプ、コミュニケーション能力がアジャイルの成功に違いをもたらすことがわかっています。しっかりとまとまりが良く、モチベーションの高い、適切な人材が、改革を起こします。

人材開発

コミュニケーションツール、レポートフレームワーク、予算編成体系の効果的な使用を通じて実現される改革の可能性が、組織をアジャイルにします。当社が学んで得たことから、継続的な人材開発、動機付け、強化が組織を真に革新的でアジャイルにする鍵であることがわかっています。学習と強化:

深い洞察力を備えた、長続きする、真に有利なアジャイルトランスフォーメーションには、継続的な学習、動機付け、強化が必要です。そのため移行のメリットが組織の長期的な成功への鍵になります。

アジャイルコーチング


新しい考え方と働き方を育てるには、常に注意を要します。多くの組織がアジリティへの道のりでコーチングを利用する理由がここにあります。


​ 当社のトランスフォーメーションチームにご連絡ください