即戦力になる能力開発

エグゼクティブサマリーTalent

グローバル通信産業、通信関連サービスを提供する企業や運営側は非常に競争の激しい市場の中、厳しい品質が求められます。 また、急激な市場変動と市場占有率を失うリスクがある業界です。

今日の携帯通信業界は世界で急激な技術進歩をしている業界の一つであり、その中でも日本市場は最新のサービス提供をリードしています。顧客は、非常に高いレベルの技術パフォーマンスを短期間内の市場化と低価格で提供することを要求します。一方、限られた有力な提供側はマージンをさらに絞り競争は激化しています。この状況は、某グローバル通信企業にも影響し、製品ポートフォリオ提供型からソリューション提供型へと方向転換し、鍵となる顧客との関係を強化することが余儀なくされています。また、顧客のビジネスも競争が激化しマージンが削減され、顧客は彼らがパートナとして成功をリードするコンサルティング的な対応を期待するようになりました。

チャレンジ

この企業の課題は、ソリューションコンサルティングサービスを提供する組織体制でない点と鍵となる顧客の要求に対応すべき担当が明確に存在せず、ビジネス動向に対し要求されるリーダシップ、革新的な力、そしてコンサルティング能力を持ち備えた人材の開発がされていない点でした。そこで、顧客である携帯通信ネットワーク運営する某大手企業がネットワークをLTE(次世代通信、AKA 4G)へアップグレードすることを決定した際、この企業は課題点の対策を取り入れたプロジェクト体制でサービスを顧客に提供することを決定し、対応実力を証明するいい機会を得ました。

クライアント

このグローバル通信企業は日本に1000人以上の社員がいます。

ソリューション

ソリューションは、以下3つのゴール設定です。

  1. 顧客との関係を強化し、コスト削減および期限厳守に対応できるハイパフォーマンス文化を導入したさらに顧客志向の高い組織への改革
  2. 自発的、革新的、コンサルティング、創造的、自主性と強いリーダーシップを備えたタレント人材の開発
  3. タレント人材開発プロセスの標準化とサクセッションマネージメント計画への統合

マネージメントは現状の組織を短時間で改革することは厳しく、また従来の人材育成トレーニング法では期待する人材開発ができない点を理解しソリューションを協議しました。

戦略的サクセッションマネージメント計画を立案し実行がなされました。有能な候補者が上げられ、実践的タレント人材開発プログラムをデザインしプログラムに参加する全員が同意。マネージャー陣はコーチングとフォードバックの技能を習得した上で、プログラム実行中はコーチング型マネージメントスタイルで個々の候補者に対して進捗が管理されました。

結果

  1. LTE導入プロジェクトは計画通りに完了し、顧客からも高い満足を得ました。
  2. 計画通りのプロジェクトのプロフィットマージンを確保
  3. マネージャーは効果的なコーチングスキルを習得
  4. 有能な全ての人材に対してターゲットに向けた開発を達成
  5. プロジェクトチームは素晴らしいチームワークを発揮
  6. タレント人材開発パイロットプログラムは成功しプロセスはセクションマネージメントへ導入し標準化、また組織の全体のサクセッションマネージメント成熟度を向上

Conclusion (and Lessons Learned)

組織はタレント人材を迅速に開発することが今や必要不可欠です。有能な人材が職務を抜け、ワークショップや外部トレーニングを受講することは時間の浪費となります。真のタレント人材開発は業務上で挑戦する機会を得たときに成されるものです。

セクションマネージメントの成熟度レベル向上は、担当レベルのタレント人材開発プログラムの導入の成功により達成することができました。

About the author: Mikako Aoki is Talent Development Consultant at the Innova Solutions, Inc. Tokyo office.