アジャイル – 開発ワークショップ

​スクラムはアジャイルソフトウェア開発メソッドにおいて最も人気のある手法です。その原理と実践論はシンプルながら、驚くほどにパワフル。

チームが速やかなフィードバックを得ながら継続的な改善を続け、変化に素早く対応することを可能にし、短期サイクルで製品を提供するのを後押しします。


 

受講者はこのコースを通じて実践的な体験をしていきます。具体的にはプロダクトバックログ、スプリントバックログ、かんばんボード、バーンダウングラフなどのスクラムツールを活用します。また、スクラムの全サイクルを体験しながらその活動を学びます。スプリントプランニングミーティング、デイリースクラムミーティング、プロダクトデモミーティングなどを体験し、最後にスプリントの振り返りを学びます。

 

中核となるコンセプト

アジャイルの概要• ソフトウェアプロジェクトはなぜ失敗するのか
• SW開発アプローチ
• SDLCの特徴
• アジャイル開発の歴史
• アジャイルの理念
• アジャイルマニフェスト
• アジャイルフレームワーク
• スクラムのアーチファクト
• スクラムチーム
詳細にわたるスクラムシミュレーション• 製品ビジョンについて
• 第1スプリント
• 振り返り
• スプリントバックログについて
• プロダクトバックログの項目とタスク
• 第2スプリント
• 振り返り
• 見積もり
• ROIの計算と優先順位づけ
• ベロシティとリリースのプランニング
• バーンダウンチャート
• 第3スプリント
• 振り返り
スクラムフレームワーク• スクラムプロセス
• スクラムのルール
• クオリティの改善
• スクラムに該当すること、しないこと
• スクラムチームvs. 非スクラムチーム
• 「完了」の定義
スクラムマスターの役割• スクラムマスターの資質
• 障害物を排除する
• スクラムマスターの役割を伝統的役割にマッピングする
プロダクトオーナーの役割• 高レベルのビジョンと目標を立てる
• 要件とユーザーストーリー
• プロダクトバックログの作成と展開
• 成果物を優先する
• 各種機能と機能性の検査

タイムボックスを使った作業• スプリントのプランニング
• スプリントの実行
• スプリントのレビュー
• スプリントの振り返り

アジャイル管理ツール• モニタリングと管理
• プロダクトバックログ
• アジャイルスコープのプランニング&製品ロードマップ
• リリースのプランニング
• アジャイルマイルストーン
• スプリントバックログ
• アジャイルワークのプランニング
• 「完了」の定義
• かんばんボード
• バーンダウンチャート
• ユーザーストーリー
• アジャイルの見積もり

実際の業績

このワークショップを修了すると、次のことができるようになります。

  • チームがスクラムプロセスに従って優れた成果物を提供し、継続的にクオリティを改善できるようにする
  • スクラムについて他者に説明する(スクラムにおける各種の役割、ミーティング、アーチファクト、理念など)
  • スクラムを導入することで優れた結果を得られるのはどんな環境かを特定する
  • スクラムフレームワークが経験的プロセスにどのように基づくかを説明する

​今すぐにでもトレーニングを計画しましょう

​イノーバソリューションズのコンサルタントは、電話またはeメールですぐに連絡がとれます。御社のニーズや目的の詳細についてお伺いする為の個人的な打ち合わせをアレンジする為にご連絡をお待ちしております。

This post is also available in: 英語